車を高価売却したいなら○○○はしてはダメ

車を売却するなら「高く売りたい」「相場以上の金額で手放したい」そう思うのは当たり前ですよね?

 

でしたら絶対にやってはいけない売却方法があります。

 

それは「下取り」です。

 

 

下取りはディーラーに愛車を売却し、新たに購入する車からその売却額を差し引いてもらう方法です。

 

このディーラへの下取りしてもらう価格というのは中古車業者に車を売却するよりも低いといわれています。

 

なぜかというと・・・

  • 中古車を専門に扱う業者に比べ市場が狭い
  • 転売する際の利益を考えなければならない
  • カーナビなどのオプション品が査定に含まれない

というのが主な理由です。

 

ですから愛車をを相場以上の金額で売却したい場合は「車の下取り」という選択肢は捨てましょう。

 

新車を購入する場合でも、現在の乗っている車を売却したほうが下取りに比べ新車購入費用の負担が軽減される場合が大半です

では車を相場以上の金額で売却する方法とは?

現在、最も高値が付きやすい売却方法は「査定を集め比較する」をおいてほかにないでしょう。

 

車を相場以上に売却するためには「査定の比較」はなにより重要です。

 

なぜたくさんの業者から査定を集める必要があるのか?

 

それは業者によって売却金額は大きく変わるからです!

 

同じ車種であっても20万円以上最低査定額と最高査定額が変わることも多々あります。

 

 

なぜ同じ車種でも売却金額が変わるのかというと、車買取業者はそれぞれ市場を持っており、その市場ごとに顧客の需要はかわるためです。

 

 

展開する市場の需要が高い車であるほど売却額は期待できます。

 

ですから車を高く売却するには、多くの査定を集め比較する必要があるわけです。

 

 

そこで比較するために重宝するのが一括査定サイトです。
2分〜3分の登録を済ませるだけで10社以上の業者から査定を集めることができるので、車を相場以上で売却するためには欠かせないサービスなのです。

 

売却の際、サイトを使うメリットは、他にも「業者間を競合させることができる」というメリットがあります。

 

売却しよう車を持ち込んだ場合、これは「飛んで火にいる夏の虫」状態。競合相手がいないのをいいことに、あーだこーだと売却額を下げられてしまいます。

 

ですが一括査定を利用した場合、査定を集めていることがわかりますから、業者間は競合他社の存在を意識せざる負えません。
ですから、自社の市場の需要とマッチしている車であれば、ほかの業者より高い査定額を提示してくれます。

 

またいざ売却交渉になった場合でも、相手の競合意識を掻き立てる交渉材料にもなるのもポイントです。

おすすめ一括査定サイト&有効な使い方

車の一括査定サイトは今やかなりの数が存在します。そのすべてから集めていては時間がいくらあっても足りません。

 

 

そこでおすすめの優良サイトをいくつかご紹介します。

 

以下で紹介しているサイトは

  • 上場企業がが運営している
  • 売却額UPにつながる業者間が競合しやすい大手中古車業者が多数登録
  • 登録業者が多く一度にとれる査定の数が多い

の条件を満たせているもののみです。

 

 

かんたん車査定ガイドの特徴

もっとも手軽に査定をとることができ、登録後すぐに愛車の概算査定をチェックすることができるかんたん車査定ガイド。

売却する際は指標として使えうえ、登録中古車業者は全て「JADRI」に加盟している信頼できる業者のみ案視して取引ができます。

ポイントポイントを抑えたかんたん車査定ガイドは売却の際は、もっとも登録しておきたい一括査定サイトです。

評価 運営会社 取れる査定数
評価5 株式会社エイチーム 10社

カーセンサーの特徴

カーセンサーの最大の特徴一度にとれる査定の数です。

一度登録してしまえば30社以上の業者から査定を集めることができます。

またメール対応のみOKや事故車対応可の中古車業者などをアイコンで表示させているのもうれしいところ。

かんたん車査定ガイドとともに利用したい一括査定サイトですね。

評価 運営会社 取れる査定数
評価4 株式会社リクルート 30社

ズバット車買取比較の特徴

ズバット車買取比較は老舗の一括査定サイトです。

その歴史から60万人以上が利用した実績があります。

ウェブクルーはほかにも多数の一括サイトを運営しているため、中小はじめ他の査定サイトとはちょっと違った業者が登録しています。

評価 運営会社 取れる査定数
評価3 株式会社ウェブクルー 10社

楽天市場の特徴

楽天の査定サイトは一度にとれる査定の数が9社とちょっと他のサイトと比べると見劣りしますが、楽天会員の方が利用するだけでポイントがもらえるという特典があります。

更に制約が決まった際は、楽天ポイント3000Pをもらえます。

楽天会員をよく利用するという方は登録してみておくとよいかもしれませんね。

評価 運営会社 取れる査定数
評価3 楽天株式会社 9社

 

一括査定サイトはそれぞれ登録業者が違いますから、掛け持ちで利用することで高値で売却できる確率があがります。

 

おすすめサイトはこう使う!
かんたん車査定で概算価格をチェック

かんたん車査定では登録後すぐに車の概算価格をチェックできるので売却の際の「指標」になります。
売却の基準値にするにはもってこいなわけです。

 

登録も業界最速32秒なので手間がありません。

 

概算価格をもとに売却する車に相場以上の高値をつけている業者をピックアップしましょう。

 

カーセンサーでたくさんの査定を集める

カーセンサーは、業者から一度にとれる数がとても多いサイトなのでとても便利。
最大で30社から査定をとれるため、かんたん車査定と合わせると40社の査定が集まります!

 

カーセンサーはメール対応のみOKの業者が一目でわかるため、電話対応が面倒な方にもおすすめです。

 

カーセンサーで集めた査定も、かんたん車査定で出した「概算価格」と比較し高く買い取ってくれる業者を選別しておきましょう。

 

〆はズバットor楽天で取りこぼしをなくす

相場以上の売却を確実なものにしたい方、取りこぼしが心配な方はもうひとサイト登録しておきましょう。

 

ズバット買取車査定は老舗のサイトですから、他サイトでは登録のない「渋い」業者などが多く参加しています。
また楽天車査定は登録するだけで楽天ポイントがもらえ、売却が決定すれば3000ポイントが付与されます。

 

業者の質や数で選ぶならズバット、売却した際ポイントがほしい方は楽天がオススメです。
もちろんどちらにも登録しておくと売却額の期待値は更に上がります。

売却額をUPさせる交渉術

 

続いて選別した業者との売却交渉がはじまります。

 

この交渉の目的は売却価格を釣り上げることです。

 

この際も一括査定サイトを利用していることで交渉がとてもはかどります。

 

 

売却額UPの交渉術

 

一括査定サイトを利用した場合、交渉で必ずといっていいほど出てくる会話があります。それは「○○さんはおいくらでした」です。

 

競合他社の提示した金額が気になるわけです。

 

この会話が出たときは、金額をちょっと高めに他社に伝えるのがポイント。

 

相手がほしい車種であれば、他社の金額を伝えると「それでは、うちは・・・・・・」と金額がUPします。

 

※ただあまりにも的外れな金額を伝えてしまうと、相手にしてくれませんから注意しましょう。

 

これは車の売却に限ったことではありません。

 

例えば電気屋でも「このテレビ、○○電機は▲▲▲円でしたよ」と伝えると金額が下がりますよね?これと同じです。

 

 

この時、相手に提示額をアップする条件として即決を求められる場合があります。

 

こういった場合は、提示された金額が気に入れば売却することを決めてもいいですし、満足いかなければこの金額をもとにほかの業者と交渉を進めてもいいと思います。

売却支度で印象を浴しましょう

売却する際、業者選びと並行してやっておきたい準備があります。

 

それは、査定士の評価を最大限まで高めるための「売却支度」です。

 

車の査定結果がいくら良くても、汚い車では印象を悪くして評価を下げてしまう要素にもなりかねません。

 

売却する際、車のキズの修理や車検をわざわざ行う必要はありませんが、可能な限りキレイにしておくことは不可欠なのです。

 

ですから以下のポイントを踏まえてみなさんも車の売却支度をぜひやってみて下さい。

 

外装

車のボディの洗浄はできるだけ細部にまで気を配り、ワックス掛けもしておくといいでしょう。
経年劣化のキズや沈着してこびりついた汚れはやむをえませんが、落ちる汚れはタイヤ周りもきちんと洗っておくと好印象です。
ガラスやミラーも丁寧に拭き取ることを忘れずに。

 

内装

埃や泥の汚れをそのままにしておくのは、扱いが荒く手入れ不足な印象になります。
シート周りはもちろん、運転席の機械系やメーター周辺、床や収納とトランクルームもよく確認しておいてください。
シミ汚れに関してはシートの材質などによりシミ抜きが困難なこともあります。無理に行って悪化させてしまうよりは、敢えてそのままにしておく方が妥当です。

 

装備品

外装・内装ともに、車にカスタムパーツを装備させている場合には購入時の正規品に戻しておきましょう。

 

中古車として扱われる場合、メーカー販売時の純正品により近い方がニーズが高く、高価売却額がつきやすくなります。

 

またカーナビやエアコン、オーディオなどの内装設備について、きちんと動作することを確認して下さい。
これら後付けのカスタム装備でも、メーカーによる設置でキズをつけていない物であれば高評価となることもあります。
反対に設置の際に開けた穴があれば減点評価の対処となる可能性があります。